Bi-winning(バイウイニング)の評判、口コミ、メリット・デメリットを解説します!

証券会社解説

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※このブログはアフィリエイトプログラムを使用しています。

読んでくださる方に約束です。このブログでは一部記事にアフィリエイトプログラムを使用しています。

しかし良い事だけでなく〝デメリット〟となりえる事も包み隠さずお伝えしていきます。このブログを読んで頂いて良かったと思える記事をこれからも書いていこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事ではBi-winningの評判や口コミ、出金手順、メリット・デメリットなどについて解説していきます。

Bi-winningは2021年に運営がスタートした比較的新しい海外バイナリーオプションです。ペイアウト率が最大1.95倍と高く、トレード可能な銘柄も多いことで知られています。また、最低500円から気軽にトレードできますから未経験者~初心者にもおすすめです。

公式LINE登録で有料販売していたバイナリーオプションの手法をプレゼント中!その他好評だったギフトカードプレゼント企画も実施していきます。プレゼント企画の詳細はLINEにて随時配信しています!

Banner2_1

Bi-winning(バイウイニング)のメリット

主なメリットは以下の通りです。

・分析とトレードが一つのツールでできる
・最低トレード金額500円
・入金ボーナスがある
・同値負けがない
・最大ペイアウト率1.95倍
・100種類以上の銘柄

これらのメリットからして、「全体的に手軽にバイナリーオプションに取り組める、未経験者~初心者でも使いやすいブローカー」と言えるでしょう。

では、それぞれに関してお伝えします。

分析とトレードが一つのツールでできる

実は大半のバイナリーオプション業者において、トレード画面と分析ツールは別画面となっています。分析ツールを使って銘柄と金額を決めてから、トレード画面に移動して確定させることになります。そのため注文が間に合わないケースもないわけではありません。

ですがBi-winningでは自社の分析ツールがあるため、分析とトレードが一つのツールでできます。そのため快適でスムーズなトレードがしやすいです。

後述しますがBi-winningでのバイナリーオプションは短期トレードがメインとなりますから、このように使い勝手が良いのはありがたいことと言えるでしょう。

最低トレード金額500円

最低500円からトレードできるためバイナリーオプションにまだ慣れていない人でも始めやすいです。また、下で紹介する入金ボーナスとの相性もいいです。

入金ボーナスがある

Bi-winningでは、初回入金ボーナスとして10~20%をキャッシュバックしてくれます。出金するためには90倍のトレードが必要なのですが、先ほどお伝えした通り500円からトレードできるため、「少額トレードを積み重ねて出金条件を満たす」ということがしやすいです。

また、多くのバイナリーオプションは入金ボーナスに有効期限を設けていますが、Bi-winningの入金ボーナスは無期限で使えます。

ただし入金ボーナスに「すべてに優先するほどのメリット」があるわけではありません。優秀なボーナスであることは確かですが、あくまでトレードで稼ぐことを重視しつつ、資金管理もきちんと行うことが大事です。その上でもらえそうなボーナスは確実に取得しましょう。

同値負けがない

これはBi-winningを使う一番の理由になります。

注文して上にも下にも揺れないことを「同値」と言い、多くのバイナリーオプションでは同値になると負け扱いとなります。そのためトレーダー側に不利と言えます。

ですがBi-winningでは同値負けがなく、同値でも払い戻しがあります。同値になるのは珍しいことですが、それでも期待値が上がることは確かです。

もちろん「同値負けはないものの、ペイアウト率が低い(稼ぎにくい)」というケースもありますが、Bi-winningは最大ペイアウト率が高いので利益を出しやすいと言えるでしょう(詳しくは下で解説します)。

最大ペイアウト率1.95倍

最大ペイアウト率1.95倍というのは数あるバイナリーオプションブローカーの中でも高い方です。特にBi-winningのように「最低トレード金額が低く、かつ最大ペイアウト率が高い」というブローカーは少ないですから、長期的に取り組んでいきたい方には特におすすめです。

バイナリーオプションをしたことがない・慣れていないという方は、ペイアウト率が0.1倍程度違っても大差はないように思えるかもしれませんが、トレードを積み重ねていくうちに徐々に大きな違いになっていきます。

100種類以上の銘柄

Bi-winningでは100種類以上の銘柄のトレードに対応しています(海外株式や株価指数のトレードもできます)。通貨ペアから仮想通貨まで様々にトレードできますから、上級者に多い「特定の銘柄にこだわらず、そのとき稼ぎやすそうな銘柄を探す」というタイプのトレーダーには特におすすめです。

もちろん主要な銘柄も揃っていますから、「まずは定番の銘柄のトレードに挑戦したい」という未経験者=初心者の方でも安心です。

ちなみに海外バイナリーオプションブローカーの中で100種類以上の銘柄を扱っているところは非常に少ないですし、国内ブローカーにいたっては多くても20~30種類ほどです。

Bi-winning(バイウイニング)のデメリット

続いては主なデメリットを紹介していきます。

・国内銀行送金か仮想通貨でしか入金、出金できない
・判定時間が少ない
・運営歴がまだ浅い

「これがあるからこの業者は利用するべきではない」というレベルのデメリットはありませんが、いずれも口座開設前に把握しておくべき欠点ではあることは確かです。

ではそれぞれに関して解説していきます。

国内銀行送金か仮想通貨でしか入金、出金できない

国内銀行送金か仮想通貨でしか入金、出金できません。クレジットカードは非対応ですから注意してください。

入金・出金に関する情報をまとめました。以下の通りです。

【国内銀行送金】
・入金、出金の両方に対応
・最低入金額5000円
・12時までの入金→当日15時までに反映/12時以降の入金→翌日に反映
・12時までの出金→翌日までに反映/12時以降の出金→翌々日までに反映
※銀行の休業日が入るとその分遅れます。
【仮想通貨】
・入金のみ対応
・最低入金額0.001ビットコイン
・平日10時~17時まで入金可
・出金には非対応

※0.001ビットコインは日本円で数千円程度なので、国内銀行送金における最低入金額とそれほど変わらないと言っていいでしょう。

国内銀行送金でも仮想通貨でも、入金・出金の手数料は無料です。

ただ、バイナリーオプションのためだけに仮想通貨口座を作るのは大変ですから、国内銀行送金一択になる人が多いと思います。もちろんすでに仮想通貨取引をしている人であれば、Bi-winningのために利用してもいいですが、出金には対応していないので覚えておきましょう。

ただ、多くの海外バイナリーオプションブローカーは国内銀行送金がメインの手段となっていますから、Bi-winningだけのデメリットというわけではありません。

判定時間が少ない

判定時間が少ないため、トレードで不自由さを感じるかもしれません。
判定時間は5種類あります(1分、2分、3分、4分、5分)

短期トレードができるのはメリットですが、他のブローカーでは1時間や1日などに対応しているところが多いです。

長期的なスパンでのトレードには「分析材料が多く、確実性を高くしやすい」というメリットがあります。しかし短期判定しかない場合、リスクを抑えにくくなります

運営歴がまだ浅い

2021年に登場したブローカーですから運営歴がまだ浅いです。「新規業者=信頼できない」とは言えませんが、口コミなどもまだ多くはありません。

さらに言うと、恐らく金融ライセンスも取得していません(取得しているならわかりやすくアピールすると思います)。

ただし金融ライセンスは「取得していると信頼性が上がる」という位置付けのものであり、取得が義務付けられているわけではありません

とはいえ、心配な方はもうしばらく運営が続いて評価が安定するまでは、少額トレードをメインにしてみてはいかがでしょうか。

Bi-winning(バイウイニング)の良い口コミや評判

良い口コミや評判としては主に以下のものがあります。

・トレードできる銘柄が充実している
・最低トレード金額500円だから始めやすい
・同値負けがない

トレードできる銘柄の多さに触れている口コミが目立ちました。
実際、Bi-winningは通貨ペア、貴金属、株式など100種類以上の銘柄を扱っています。
色々な銘柄でトレードできますから「その日稼ぎやすい銘柄を探す」という手法も取りやすいですし、慣れていれば分散投資(複数の銘柄への投資)でリスクを下げることも可能かもしれません。

また、最低トレード金額が500円ですからトレードを始めやすいです。

海外バイナリーオプションブローカーの中には最低トレード金額が高いところも少なくありませんから、少額から試したい方にもBi-winningはおすすめです。

さらに同値負けを採用しているブローカーが多い中、Bi-winningは引き分けでも払い戻しをしてくれますから期待値がやや上がります。

Banner2_1

Bi-winning(バイウイニング)の悪い口コミや評判

悪い口コミや評判としては主に以下のものがあります。

・判定時間が少ない
・入金方法、出金方法が少ない
・運営歴がまだ浅い

先ほどもお伝えしましたが、判定時間が1分、2分、3分、4分、5分しかなく、短期トレードしかできません。

長期トレードもしたい場合は、Bi-winning以外のバイナリーオプションブローカーの口座も作りましょう。

同時に口座開設するなら有名なバイナリーオプションの証券会社であるハイローオーストラリアがオススメです。

ハイローオーストラリアの評判、メリットとデメリットを解説しています!

 

 

また、入金方法・出金方法が少なく、仮想通貨口座を持っていない場合は、実質国内銀行送金一択となります。

特にクレジットカードが使えないことに不便さを感じる人もいるかもしれません。ただし、国内銀行送金は利用しやすいですから困ることはないはずです。

それから、2021年に登場した海外バイナリーオプションブローカーのため、ユーザー数が少なく口コミもまだあまりありません。そのため「信頼性が低い」と評価している人も多いようです。

それでも今のところ大きなトラブルを起こしたことはないようですが、心配であれば500〜3000円ほどの少額トレードに留めることをおすすめします

Bi-winning(バイウイニング)のまとめ

様々なメリット、デメリットを解説しましたがいかがでしたでしょうか。

それほど古くない証券会社ではありますが、同値負けがないというのはバイナリーオプションにおいてとても大きなメリットになります。

選べる判定時間も多くはありませんが、バイナリーオプションを使う方は主に5分取引がメインで使うことが多い印象です。

1取引500円から出来るので、手軽に始められる投資としては良い証券会社と言えるでしょう。

こちらで口座開設できますのでお試しに作って見てはいかがでしょうか。

⬇︎

Banner2_1

また公式LINE追加でバイナリーオプションで使える専業トレーダーの高勝率手法をプレゼントしています。

わからない事があればお気軽に問い合わせてくださいね。

※LINE

コメント

タイトルとURLをコピーしました