ステップ1【XM口座開設】XMはここから始めよう!初心者でも全くつまづく事無く開設出来ます!

5月 13, 2020

XMの口座登録の流れ

XMの口座登録手順|120秒でフィニッシュ! 

  

では、いよいよ口座登録の手順を紹介してきます。 

すぐに口座開設できますので、順番にしていきましょう!

 

また、進めていく上で気を付けるべきことも挙げていくのでご覧ください。 

 

まずはザックリと口座開設までの流れを見ておきましょう。  

 

・口座開設フォームの用意 

・口座登録情報を打ち込む(その1) 

・口座登録情報を打ち込む(その2) 

・口座登録完了メールのチェック 

この4つの行程でできますのでとても簡単ですね。  

 

それでは一つ一つ解説していきましょう!

口座開設フォームの用意 

リアル口座開設フォームを用意しましょう。 

XMのオフィシャルサイト内で用意できます。 

登録はこちらから👇

  

【ちなみに】 

「クッキーに関する確認」がXMのサイトにアクセスした段階で入ります。 

便利ですので「続行する」を選択してください。

  

※クッキーとは? 

「ログ」のようなものです。利用者別の詳細設定を記憶させておいたり、ログインの労力をカットできたりするのでかなり役立ちます。また、仮に何らかのトラブルが発生しても、クッキーが正常に機能していれば、スムーズに特定して解消できる場合が多いです。そのため、クッキーには安全性を保つ役目もあると言えるでしょう。 

  

口座登録情報を打ち込む(その1) 

              

情報記入ページが出るので、以下のポイント①に注意しつつ打ち込んでいきましょう。 

  

ポイント① 

・氏名はローマ字で 

・それぞれの項目にチェックマークを入れます 

・自分が使いやすいメアドを登録してください(XMは1人1個しかメアドを登録できません。ですが1つのアドレスで最大8つの口座を作成できます) 

・「MT5」か「MT4」をプラットフォームとしてチョイス

MT4.MT5の詳しい解説については下記の記事を参考にしてください。

⬇︎

MT4・MT5徹底解説!あなたはどちらが向いている?

 

・【スタンダード】【XMZero】【マイクロ】のいずれかの口座形式をチョイス 

各口座の詳しい解説については下記の記事を参考にしてください。

⬇︎

あなたはXM口座のどれを選ぶべき?徹底解説します!  

 

これらに気を付けつつ情報を打ち込みましょう。 

完了したら「ステップ2へ進む」を選択してください。 

  

口座登録情報を打ち込む(その2)

 

 

ページが遷移したらさらに詳しい情報を打ち込んでいきます。 

  

ポイント② 

・入力する名前は「銀行口座名(これより後に打ち込みます)の名前」に統一します。違っていると登録不可になる恐れがあります。全角カナ。 

・住所は公共料金等の決済明細に書かれているもの、もしくは住民票に書かれているもの(プラスアルファで書類のアップロードが必要になるケースもあります) 

・納税義務のあるアメリカ市民ですか?→いいえ (※該当するのであれば→はい) 

・添付画像に沿って取引口座詳細を登録すると良いでしょう 

(レバレッジについてはご自身でチョイスしてください) 

 

・トレーダー情報は添付画像を参照しつつ入力 

・パスワードはあえてややこしいものにしましょう 

(※絶対にメモしておいてください) 

  

「住所の英語表記」に関しては、 

Judressを使えばパパっと「日本語→英語」に換えることができます。 

  

上記の諸々について気を付けつつ情報を打ち込み、完了したら「リアル口座開設」を選択してください。 

  

口座登録完了メールのチェック

     

登録したメアドに対して「認証メール」がXMから送られてきます。 

すぐにチェックして承認作業を行います(24時間以内)。 

承認が完了するとさらにメールが来ますので、MT5(MT4)のIDとパスワード(登録の際に作ったもの)を入力して、マイページへのログインを行ってください。

           

  

ここまで特に難しい事はないはずです。 

ポイント①と②をチェックしつつ登録を行いましょう。 

次のステップは登録したXM口座の有効化です!

ステップ2【口座有効化】